産後ケア事業

◆担当課:保健医療課(TEL:0771-68-0016)

出産後に育児支援を必要とするお母さんとお子さんを対象に、心とからだの安定と育児不安の軽減により、安心して子どもを産み育てることができるように産後ケア事業を実施します。

 

対象者

南丹市に住所を有する生後4か月未満の乳児およびそのお母さんで下記のいずれにも該当される方。

(1)産後の身体や心の調子が思わしくなく、または、育児に不安があり、授乳や沐浴等のやり方について、助産師等により相談、助言、指導、心理的支援が必要な方。

(2)出産後、親族等から育児や生活の支援が受けられない方。

※お母さん、お子さんともに入院治療等の医療行為を必要とする場合には対象になりません。

 

産後ケアの内容

・お母さんの身体や心のケア(保健指導、乳房ケアなど)

・赤ちゃんの発育や発達の相談

・授乳や沐浴等赤ちゃんのお世話に関する相談・指導 など

利用の方法

・保健医療課内「利用者支援事業母子保健型」窓口に、まずはご相談ください。

・保健師等専門職、産前産後ケア専門員等が、訪問や面接を通じて状況を確認した上で、南丹市がこの事業による支援が必要と認めた方が利用できます。

 

○利用時間・上限回数・利用施設

種類 方法 利用時間 上限回数 利用施設

宿泊型

医療機関に宿泊 利用開始時刻から24時間以内の利用を1日とする(3食付) 5日

田村産婦人科医院               亀岡市安町野々神28          (※赤ちゃんが生後2ヵ月未満の利用になります)

訪問型

利用者の住居を訪問 3時間以内の利用を1回とする 6回

ゆき助産院(岡本美由貴助産師)

森川助産院(森川好美助産師)

あこ助産院(永井明子助産師)

 

○利用料金

  A区分 B区分 C区分 D区分
宿泊1日あたり 15,000円 7,500円 3,000円 300円
訪問型1回あたり 4,500円 2,250円 900円 0円

A区分:前年(4月から5月までの申請については、前々年)の夫婦の合計所得が730万円以上である方

B区分:サービスを利用する年度(4月から5月までの申請については、前々年)の市民税が課税の世帯の方(A区分を除く)

C区分:サービスを利用する年度(4月から5月までの申請については、前々年)の市民税が非課税の世帯の方

D区分:生活保護世帯の方

※利用料金は直接、施設にお支払ください